スポンサーリンク

DIYはプロレスマスクからはじまりました

私の場合は工作というかDIYというかそういった類のもので考えると、「プロレスマスク」だったような気がします。

 

 

当時は、スーパーの袋も今の様にビニールではなく「紙袋」でした。
あの紙袋の臭いが好きでしたねw

 

 

その紙袋を切り抜いて、色を塗って耳を付けて「タイガーマスク」たくさん作ってました。

 

 

その頃、初代タイガーマスクが大好きだったので、自分で作ったタイガーマスクをかぶりながらテレビ観戦していましたよw

 

 

懐かしい…。

 

 

確かあれは小学生ぐらいだったかな。
中学生になるまで、工作と言えばこれぐらいだった気がする。

 

 

中学に入れば「技術」の時間があったので、本棚、椅子、ラジオ、はんだごてとか作りましたけど、あんまり上手に出来ませんでした。

 

 

まだ、この時は得手不得手を理解していなく、得意じゃないのに気づかないまま時間が過ぎた感じがします。

 

 

ま、プラモは作ってたので工作が苦手だとは本人も気づいてなかったんでしょうw

 

 

一人暮らしをするようになってから、テレビ台を作ってみたりしてましたけど、形にはなるもののあまり見た目が良くなかったり、バランスが悪かったり、グラついたり。

 

 

工作下手な人でしたw

 

 

でも、作っている間は楽しいので「まっ、いっか」を口癖にしてましたね。

 

 

とにかく「作るのが楽しい」これが大事だと思います。

 

 

最近では、100均のお店で売られているものだけで素敵なものを作る人も動画などでよく見かけます。

 

 

「これが100均で作られたのか!」なんてよく思います。

 

 

他にも、段ボールを使って家の模型を作ったり、車を作ったりする人もいますよね。

 

 

もうなんか、いたるところに工作素材が転がっているんじゃないかと思うぐらいですよ。

 

 

アイデアがたくさんの人が居て、見ているだけでも楽しくなりますし、自分もチャレンジしたくなります。

 

 

まさに、夏休みの自由研究の延長みたいな感覚になるので、とても楽しいです。
「ものづくり」ってやっぱりこだわって作りたい部分も多いですけど、何より「楽しい」が一番大事ですからね。

 

 

そう言えば、「建築模型」の通信講座も受けましたw
あれは意外に神経使います。

 

 

もちろん、仕事で作ればの話ですけど、スチレンボードを切れば断面は真っすぐだったのですが、この時初めて断面に角度がついた切り方があるというのを知りました。

 

 

あの時依頼、建築模型のような精密な模型は作っていませんが、何かを作る際には知識や技術が役に立っていると思う事もあるので、受講してよかったと思います。

 

 

たまに、家の見取り図なんかを見ると「これ作ってみようかな」と思う事があります。