スポンサーリンク

映画

映画はよく観ます。

 

 

映画館ではなく自宅でw

 

 

映画館の迫力はいいですけど、迫力がありすぎて「ビクッ」となるのが恥ずかしいので。

 

 

以前は、テレビで観たりしてましたけど、最近は動画サイトで観ますね。
今ではテレビも置いてないですし。

 

 

無料で観れる映画もあるし、トイレに行きたくなったら一時停止できるし、お菓子をポリポリしてても音が迷惑になることないし、いいことずくめ。

 

 

迫力が欲しいと思ったらヘッドフォンすればいいしね。

 

 

そんな感じで映画はよく観てて、洋画が多いかな。
最近のものよりもちょっと古いのとかも好き。

 

 

 

映画記事一覧

2008年公開された、アイアンマンの第一作目。ロバート・ダウニー・Jr演じる、ト二・スタークス。トニーの秘書をグウィネス・パルトロー演じる、ペッパーポッツ。もうこの2人のやり取りだけでも、笑えるし泣けそう。微妙な距離感がある意味では見ていて心地よいです。でも、何よりアイアンマンは、「未来のものづくりがこんなになったら面白いな」という、ちょっと違った角度で好きになった映画。試作の試作。頭の中で「こん...

2008年8月公開ウィル・スミスと、シャーリーズ・セロンが主役の映画。「君はやり方を知らないだけなんだ」いろんな場面でそんなメッセージがあるような気がしました。しょっぱなからハチャメチャな展開で私は好きです。徐々に、主人公の過去。なんでそうなったのか?などが見えてくるとハチャメチャ合もスパイスになってくると思います。シャーリーズ・セロンとのやり取りの中で「コント」みたいに感じた部分は「まじめな笑い...

1987年公開ここでいうアンタッチャブルは、漫才師ではなくアル・カポネの時代の映画。ケビン・コスナー、ショーン・コネリー、ロバート・デ・ニーロといった豪華な顔ぶれの中に(知ってる俳優と言えw)アンディ・ガルシアがすごくかっこよく映ってたんですよ。駅で乳母車を支えながら、狙いを定めたままのシーンは最高にしびれました。この映画をきっかけにアンディ・ガルシアのファンになりましたよ。ほんとにかっちょいいん...

1979年公開メル・ギブソンの出世作というだけあり手に汗握り過ぎる内容になっています。年代的に某漫画に多大な影響を与えていますね。メル・ギブソンも当然なんですが若いです。23歳ぐらいですから当たり前。今で見ると映像的に古さを感じますが、時代設定を考えるとちょうどいいような気もしてきます。当時、あんな設定の世界や乗り物なんか誰も思いつかないんじゃないかと思ってみたりします。マッドマックスは続編も製作...

1993年公開(日本での公開日)監督:エミール・アルドリーノ出演:ウーピー・ゴールドバーグ、マギー・スミス、キャシー・ナジミー、ウェンディ・マッケナムーンライトラウンジのクラブ歌手デロリス(ウーピー)が目撃した事件をきっかけに、修道院に身を隠したことからはじまるシスターのお話。冒頭の少女時代のデロリスの行動から問題児的な主人公。だから、クラブ歌手なのかと思ったりもするけど。でも、修道女の服に着替え...

1993年公開監督:ビル・デューク出演:ウーピー・ゴールドバーグ、マギー・スミス、キャシー・ナジミー、ウェンディ・マッケナ、ローリン・ヒル、ジェニファー・ラブ・ヒューイット、ライアン・トビー天使にラブソングをに続く続編。前作のシスターに加え、ローリン・ヒルやジェニファー・ラブ・ヒューイット、ライアン・トビーなど後に活躍する俳優を起用した作品。修道院での活躍から1年後、成功をはたしたデロリス。そこに...

1978年公開ジャッキー・チェンが日本に初登場した映画。それだけに、ジャッキーチェンと言えば、最初に思い出すのが酔拳。ドランクモンキーっていって「○○モンキー」とシリーズのようになってましたね。なんでも、主人公は実在の人物設定なようです。そして、師匠も個性的な老人。こういった方が師匠感もあり、独特な特訓もそれっぽくていいですよね。ジャッキーチェンの映画には、主人公は大抵どこかの道場のボンボンだった...