スポンサーリンク

筋トレを始めたきっかけは部活だったと思う

筋トレを始めたきっかけとしては、肉体改善といった部分になると思いますが、元々筋トレ自体は部活動で毎日していました。

 

当時、バスケ部に所属していたんですよ。
線の細い私には、腕立て伏せや腹筋背筋などはきつかったのかもですが、予想外に根を上げた記憶はありません(覚えたないだけかもw)

 

また、持久力には自信があったので長距離走では持久力をアピールできたのですが、ことバスケットの試合になると自信のあった持久力を上回るツワモノも山ほど居たわけですね。

 

 

持久力はともかくとして、筋トレのきっかけは既に部活の時からはじまっていたんでしょう。

 

筋トレを始めた時は部活の時を思い出しながらスタート

 

最初の頃は、バスケ部時代にしていた筋トレ方法をやっていたのですが、徐々に「そのやり方はよろしくない」という部分が増えてきて、また、プロテインの存在も知りだしたので徐々に変えていきました。

 

 

それまで、自重トレーニングだったのが、ベンチ・ダンベルを購入したことで、より強度の筋トレ。

 

 

筋トレ後のプロテイン摂取。

 

 

筋トレの頻度に、筋トレメニューの考察。
食事の見直しなど、いろいろと勉強しました。

 

 

そういった事もあり、今はたまにしかしなくなってますけど、「細い割には筋肉質」と言われるようになり、中には目が疲れているのか「腕、太いな」という方も登場するぐらいです。

 

 

どうみても、そう言っているあなたのほうが、腕、太いですよw

 

 

で、たまにする筋トレの時期が「夏前」なんですよね。
狙いが不純でいいでしょうw

 

 

でも、夏前って意外に動きやすいんです。
暑くなる前の季節だから、体も温まりやすいですし急に冷えたりもしにくい。

 

 

そういう条件から、だいたい決まって筋トレ始めるのが夏前でお盆が来るあたりにシーズンオフ。

 

 

そこから、苦手な冬を乗り越えてまた春先はまだ寒いので、夏前に筋トレ開始というスタイル。

 

 

これは、あまりおすすめできません。

 

 

筋トレも続けないと意味ないですから。
ガチ勢じゃないといっても、維持することを考えると、通年トレーニングはしておくべきですから。

 

 

それに、年を重ねるごとに筋トレが面倒になってきます。(自分だけかな)

 

 

唯一、筋肉だけは年齢を重ねても増やすことができるらしいです。
骨なんかは加齢とともに減少しかないみたいですが、筋肉は動かせば応えてくれるんですって。

 

 

なので、年はとっても筋トレをしていれば、ある程度長く歩き続けられるということになるんでしょうね。