【映画】酔拳でジャッキー・チェンの映画が好きになりました

映画
スポンサーリンク

アクションシーンでの独特の効果音。

スタントなしのアクション。

コミカルでありながらも王道的なストーリー。

どれもが、初めて見た私に衝撃を与えてくれて「映画っていいね」と思わせてくれる作品です。

スポンサーリンク

酔拳でジャッキー・チェンのアクションに酔いました

1978年公開

ジャッキー・チェンが日本に初登場した映画。

それだけに、ジャッキーチェンと言えば、最初に思い出すのが酔拳。

ドランクモンキーっていって「○○モンキー」とシリーズのようになってましたね。

なんでも、主人公は実在の人物設定なようです。
そして、師匠も個性的な老人。

こういった方が師匠感もあり、独特な特訓もそれっぽくていいですよね。

ジャッキーチェンの映画には、主人公は大抵どこかの道場のボンボンだったり、悪党が妙に上から目線だったり。

師匠は変わった人なんだけど、すんごい達人。

こういう感じがありますが、これがまたいい感じになるのが不思議。

他のシリーズでも同様なのに飽きないのは監督とジャッキーのなせる業なのかもですね。

ある意味では、コミカルな部分もありつつしっかりと修行をして、最後には悪いやつを懲らしめる。

王道的なストーリーですが、正当派というのか見終わった後もスッキリするので好感が持てますよね。

「ボッ!ボッ!」とカンフーに合わせて独特な効果音が特徴でした。

そして、も一つジャッキーチェンの映画で欠かせないのは、最後のエンドロールでのNGシーン。

これスタントを使わずに演技しているのが、ほんと凄いと思います。

危険な目に何度会っても、このこだわりは貫かれています。

だからこそ面白いのかもしれません。

酔拳には続編もありますが、個人的にはこちらの方が好きですね。

タイトルとURLをコピーしました